コラム

DH制導入はメリットばかり。打者は出場機会が増えて、投手は負担が減る

メジャーリーグももうすぐ開幕ですね。

今年のメジャーリーグはなんと・・・

ナ・リーグでもDH制が導入されるようになります。

一応、野球が詳しくない人にDH制とは何か?ということを簡単に説明しますが

DH制がない場合、投手も打順に加わって打席に立ちます。

DH制があると投手は打席に立たなくても良くて、その代わりにもう1人、打者が打撃専門で打順に組み込まれます。

(DHの打者は守備につきません)

日本のプロ野球ではセ・リーグがDH制がなくて、パ・リーグにはDH制があります。

ピッチャーの打席なんてつまらない?

今回、なぜナ・リーグにDH制が導入されるようになったのかというと

やはり、近年のフライボール革命の影響は少なからずあるのではないかと思います。

フライボール革命によって派手なホームラン合戦がメジャーリーグの主流になっています。

そんな派手なホームラン合戦が繰り広げられる中で

「ピッチャーの打席なんて観たいか?」

って話なんですね。

確かに投手が打席に立つことで生まれる駆け引きの面白さもありますが

それでも確率的に考えたら

投手の打席の時はドキドキ感ないですよね。

大谷翔平みたいな二刀流の投手であったり、二刀流というほどじゃなくても打撃センスがすごい前田健太投手みたいなケースもありますが

9割以上の投手はバッティングは全然ダメですからね。

DH制導入は選手にとって出場機会が増えるチャンス

また、DH制が導入されることで選手にとってもチャンスが増えるんですね。

DH制があればバッティングだけとはいえ、枠が1人分空くわけですから

期待の若手選手

バッティングは良いけど守備がダメな選手

守備までやるほどの体力がなくなってきたベテラン選手

などに出場機会ができるわけです。

投手にとっても

デッドボールのリスク

打席に立つことによる疲労

を避けることができるため

ピッチングに集中できるというメリットがあります。

というわけでDH制があれば

バッティングだけでも実力があれば出場する機会が増えるわけです。

もちろん、現段階で社会人野球以外のアマチュア野球ではDH制はないですし

エースが4番を務めることが多い小~高校生年代の野球ではDH制の導入は現実的ではないかもしれませんが

あくまで任意の制度のため、DH制を導入される可能性もゼロではないかもしれません。

そんな時のために

バッティングだけの一芸突出型の選手を目指してみても良いのかもしれません。

プロじゃなくても草野球でDH制を導入することもあるでしょうから

生涯野球を楽しむためにも

そういったスタイルも良いですよね。

メジャーリーグの理論で指導します。

エポックスポーツ事業部では

メジャーリーグの理論を取り入れて

ピッチングやバッティングを指導しています。

特にスポーツ事業部部長の私が野手出身であるため

バッティングには特に力を入れております。

メジャーリーガーやプロ野球でもブレイクを果たしたオリックスの杉本選手などが使用している

バッティングのためのトレーニンググッズを多数ご用意しています。

メジャーリーグの理論で長打を量産したければ

ぜひご相談ください。

-コラム

Copyright© EPoch | エポックスポーツ , 2022 All Rights Reserved.