コラム

腹式呼吸に変わる新しい呼吸法 IAP呼吸

一般的に知られている呼吸法としては

息を吸う時に胸が膨らむ胸式呼吸

同じく息を吸う時に腹が膨らむ腹式呼吸

2種類はよく知られていると思います。

そして、スポーツやリハビリの世界では

腹式呼吸が推奨されており

息を吸う時に腹を膨らませ

息を吐く時には腹を凹ませるように指導されることが多いと思います。

なぜ腹式呼吸が良いとされているかというと

腹を凹ませながら息を吐くことで

腹横筋という

コルセットのように腰を安定させる

と言われている筋肉を働かせることができるからです。

しかし、最近では胸式呼吸でも腹式呼吸でもない

新しい呼吸法が注目されています。

その呼吸法とは

IAP呼吸法です。

お腹を膨らませて腹圧を高めるIAP呼吸

IAP呼吸法のIAPとは

Intra Abdominal Pressure

の略で

腹腔内圧・・・つまりお腹にかかる圧力(腹圧)のことですね。

IAP呼吸はどういった呼吸かというと

息を吸う時も吐く時も腹圧を高くしておく呼吸です。

えっ?

それだったら腹式呼吸でも腹圧は高くなるんじゃないの?

って思いましたよね。

実は違うんです。

腹式呼吸は吐く時に腹を凹ませますが

お腹を凹ませる時は腹圧は下がってしまっています。

みなさんはボディブローをこれから打たれるとしたら、お腹はどうしますか?

今からあなたのお腹の上に立ちますと言われたら、どうしますか?

もしも、お腹を凹ませると思った人は

残念ながら内臓破裂です。

そうではなくて、これからお腹を殴られるとなったら

普通はお腹を膨らませるんです。

硬い風船を膨らませるために息を吹き込む時、お腹は膨らんでいると思います。

本当に?と思った方は、ぜひ試してみてください。

腹横筋の収縮は腹圧を高めない。

よく腹横筋を鍛えることで腹圧が高まって腰が安定するとか言うセラピストやトレーナーが多いのですが

研究では腹横筋の収縮では腹圧は高まらず

腹圧を高めるのは

横隔膜の収縮だったと報告されています。

横隔膜が息を吸うために収縮すると

横隔膜は腹の方に下がるわけですが

その時に腹部に圧力がかかるとされています。

そして、この圧に対して伸ばされながら収縮しているのが

腹横筋になります。

腹横筋は横隔膜が収縮して腹が圧がかかった時に

伸ばされながら収縮することで圧が逃げないようにしているわけです。

この時にあらかじめお腹を凹ませていると横隔膜が下がらなくなってしまい

腹圧がかからなくなってきます。

息を吐く時もお腹を膨らませる

さて、それではIAP呼吸法を手に入れるためにはどうしたら良いでしょか。

やり方は簡単。

前述のように吸う時にお腹を膨らませたら

吐く時もお腹を膨らませるつもりで吐いてください。

それだけです。

風船があるなら、風船を膨らませて見てもいいでしょう。

このようにエポックスポーツ事業部では

しっかりと新しい知見を取り入れた理論で

指導をしています。

パフォーマンスをアップさせるたいなら

エポックスポーツ事業部にご相談ください。

-コラム

Copyright© EPoch | エポックスポーツ , 2022 All Rights Reserved.